商品力

様々なバリエーションの商品群

封筒と一口で言っても、ビジネスの利用シーンによって、縦型や横型があったり、窓がついたり、封を閉じるためにフタにのりがついていたり、と様々です。銀行の現金封筒や鉄道会社のチケット袋などもオーダーメイドで制作されています。さらにマチのついた立体的な角底袋やお店の顔となるショッピング袋などもあります。当社はこれらに総合的に対応することができる会社です。

洋角2のDMは九州では当社のみ

昨今ダイレクトメール封筒は、従来の角型(縦型)から、角型封筒を横にした洋角型(角型封筒の長い辺にフタのある形状)がトレンドとなっています。例えば角2封筒を横にした洋角2(幅:332mm)は、間口が広くて入れやすい、横向きデザインができるという点で差別化できます。これらの洋角型のダイレクトメール用封筒は、専用の設備、製造ノウハウが必要で、九州では当社のみが制作できます。

高開封率の低コストジッパーミシン加工

DMを販売促進ツールとして利用する企業や個人事業主様にとっては、DMの内容もさることながら、まずは開封をしてもらうこと、つまり開封率アップが最初の関門となります。当社では、開封率を向上させるために効果的なDM用のジッパーミシン封筒をジッパーミシン機能付きの一貫機により、低コストでの製作を実現しています。その他開封率を向上させるためのデザイン(形・絵柄)などの企画段階から参加することも多く、DM用封筒の製作のノウハウを豊富に有しています。

複雑な造形の窓加工・2ツ窓加工

さらなる開封率のアップには、いくつかの方法がありますが、窓付き封筒にして商品の一部を見せるというのも有効な手段のひとつです。このような特殊な形にも対応することができます。

全設備へのセンサー導入

IoTの導入で稼働状況を見える化

生産面に関しては、工程管理システムへの投資に力を入れ、品質向上と生産性向上を目的としたセンサー装置や製袋機の増強を積極的に推進しています。これにより、柔軟な納期対応を可能としており、スピード感については、顧客からも大変好評をいただいております。また、IoT装置を導入して生産データを収集しており、生産性のさらなる向上を図っております。

小ロットから大ロットまで幅広いニーズに対応

生産工程での課題や問題を分析し、工程に携わる現場作業者の意見をもとに改善活動へ向けた会議を定期的に行っています。ですので、顧客の納期要望に合わせた大ロットのダイレクトメール用の封筒や、小規模事業者様向けの小ロットのビジネス用封筒のご注文まで、幅広いニーズに対応しています。

「封筒・紙袋通販.com」を運営

顧客が注文に至るまのプロセス上の利便性を追求し、お客様ごとに持つ個別のカスタマイズ要望を吸い上げる「封筒・紙袋通販.com」を運営しています。当サイトでは、高い専門性や商品知識なしでもオーダーメイド品のカスタマイズができ、封筒や紙袋を簡単かつスピーディーに注文できます。また、当サイトでは、サイズなどの仕様を入力するだけでオーダーメイド封筒の展開図や丁取図をダウンロードすることができます。

人材力

スピーディ・高品質を支える人材

当社は、ただ単にダイレクトメールの作り方や売り方、仕事のやり方を教えるだけでなく、お客さまからお金を頂くことに伴う責任とはどんなものなのか、チームで働く時に大切なことはどんなことなのか、チームで目標を達成する喜びとはどんなものなのか、そんな大切なことを教え、活き活きと輝ける人材を育てます。そんな輝く職場を通じての社会貢献こそが、当社の使命と考えております。品質委員会・レクレーション委員会・5S委員会などの委員会活動や勉強会、年に一回の全社員での社員旅行などを通して、お客さまに誠実に対応できる人材育成、チームワークのいい社風を目指しています。

今年の恒例の夏季会では、前半は生産性や品質の向上をテーマにした勉強を行いました。そして後半は、倫理法人会から講師の先生をお招きして、本当の意味でそれらを輝かせる健全な価値観の共有化をおこないました。