創業70年の歴史を誇るオリジナル封筒・紙袋の企画・製造・販売会社

CRMマーケティングの基本知識

ブログ

CRMとは、英語の「Customer Relationship Management」の略で、日本語に訳すと「顧客関係管理」になります。CRMというとツールやソフトウェアと思われる方も多いと思いますが、顧客との関係性を構築、管理しマネジメントのことを意味する場合もあります。


CRM導入によって、顧客の基本情報や購買履歴、問い合わせ履歴などの情報を分析、活用し、顧客に対してより個別化されたサービスやマーケティングを提供することができ、顧客満足度並びにロイヤリティを高めて企業の成長と利益を最大に高めることが可能になります。

現在、どの業界でも市場競争が激化しており、顧客の期待も大きくなるばかりで、企業が成功をおさめるためには、顧客との関係性を築くことが必要不可欠です。そのためにこのCRMマーケティングが大きいな力を発揮するはずです。

本日は、このCRMマーケティングに着目し、CRM(顧客関係管理)を導入することで得られる効果についてご案内します。

□ CRMシステムの主な機能

CRMシステムは、顧客データの収集、管理、分析を行い、その情報を基にしたマーケティング戦略の策定を可能にします。このシステムの主な機能としては次のようなものがあります。

・データ収集と管理: 顧客の基本情報、購買履歴、コミュニケーション履歴などのデータを一元的に収集・管理します。

・顧客セグメンテーション: 顧客データを分析し、異なる特性やニーズを持つ顧客グループに分類します。

・インタラクションの追跡: 顧客とのすべての接点(ウェブサイト訪問、メール交換、ソーシャルメディアのやり取りなど)を追跡し、顧客との関係を深めるための洞察を提供します。

・キャンペーン管理: マーケティングキャンペーンの計画、実行、評価を行い、その効果を測定します。

・分析とレポーティング: 収集されたデータを分析し、顧客行動の傾向、市場の動向、キャンペーンの効果などに関するレポートを生成します。

□ CRMマーケティングを行うメリット

CRM(Customer Relationship Management)マーケティングは、顧客関係管理を中心にしたマーケティングアプローチで、たくさんのメリットがあります。

1:顧客理解の向上
CRMシステムは、顧客の購買履歴、好み、行動パターンなどの詳細なデータを収集・分析し、このデータを活用することで、顧客一人ひとりに合わせたパーソナライズされたコミュニケーション、マーケティング活動が可能になります。

2:顧客満足度の向上
顧客のニーズに合わせカスタマイズされた商品・サービスを提供したり、CRMシステムを通じて顧客からのフィードバックや問い合わせに迅速に対応することで顧客満足度を高めることができます。

3:顧客の忠誠心の促進
顧客との継続的なコミュニケーションを通じて、長期的、かつ継続的な関係を築くことが可能になります。継続的な関係性により、リピート購入や長期的な忠誠心につながります。

4:効率的なマーケティング
顧客データを基に、より効果的なターゲットマーケティングを行うことで、マーケティング活動の成果を測定し、投資対効果(ROI)を最適化することができます。

5:クロスセル・アップセルの機会
顧客の購買履歴や嗜好を分析し、関連製品やサービスのクロスセル・アップセルの機会を見つけることができます。また、購入後のお客様のフォローを行うことで顧客に対して継続しての購入を誘導したり、新商品を紹介したりします。

6:ビジネスインサイトの獲得
顧客データを分析することで、市場のトレンドや顧客の変化を理解し、ビジネス戦略に反映させることができます。

7:経営戦略の立案に役立つ
収集した情報は新商品の企画や既存事業の改善に役立ち、経営戦略の立案にも役立ちます。

CRMマーケティングは、顧客中心のアプローチを取ることで、顧客満足度の向上、忠誠心の促進、そして最終的には売上の増加に貢献します。ただし、効果的なCRM戦略を実施するには、適切なテクノロジーの選定と、顧客データの正確な分析・活用が不可欠です。

新規顧客の獲得ではなく、既存顧客の売上・利益最大化に軸足を置いた考え方です。前述の通り、昨今は新規顧客の獲得難易度が高まっています。また、高品質な商品を売るだけでは顧客の満足度は高まらず、気を抜くとすぐに競合他社に流れてしまいます。このような状況で自社の業績を維持・発展させるには、顧客生涯価値をいかに高めるかが重要なのです。
顧客生涯価値を最大化するためにも、CRMマーケティングをしっかり行いましょう。

□ CRMマーケティングの実施における重要性

まず挙げられるのが、少子高齢化や人口減少により市場全体が縮小傾向にあることで新規顧客獲得が難しくなっており、企業間の競争が激化するばかりです。そのために、新規獲得には顧客ニーズに合った情報を届けたり、既存顧客との継続的な関係性構築がポイントになります。今後、さらに激化するであろう市場競争で生き残っていくためにも、CRMマーケティングが重要になるのです。

また、顧客ニーズの多様化も、CRMマーケティングの重要性が高まっている要因の1つと考えられます。
デジタル化により顧客はリアルタイムで欲しい情報が収集できるようになりました。そのため、商品・サービスを検討する時の選択肢は広がり続け、ニーズも多様化したのです。
これまでのようなマス広告では効果が出にくくなっており、このような中で新規顧客を獲得し、既存顧客をつなぎ止めるためにはCRMマーケティングで顧客満足度を高めることが重要になってきました。

最後に顧客とのコミュニケーションの方法が増えてきていることにあります。HP、SNS、DM、メルマガ動画配信など、多くのツールを効率的に運用しつつPDCAを回そうと思うとかなりの時間とリソースが必要になります。自社の顧客や売りたい商品・サービスに適しているのはどのアプローチ手法なのか見定めるためにも、CRMマーケティングは有効です。

□ CRMシステム導入の問題点

CRMシステムの導入は、企業にとって多くのメリットをもたらしますが、企業の規模やニーズ、リソースに応じて慎重に検討する必要があります。

1:コスト
初期投資: CRMシステムの導入には、しばしば高額な初期投資が必要です。ソフトウェアの購入費用、システムのカスタマイズや統合、スタッフのトレーニングなど、多くのコストがかかります。
・維持費: システムの維持・更新にも継続的な費用が発生します。

2:リソースと専門知識
・技術的な専門知識: CRMシステムを効果的に運用するためには、技術的な知識が必要です。特に中小企業では、このような専門知識を持つスタッフが不足していることがあります。
・人的リソース: CRMシステムの管理と分析には、専任のスタッフやチームが必要になることがあります。

3:複雑性
・システムの複雑さ: 多くのCRMシステムは複雑で、適切に設定・運用するためには時間と労力が必要です。これが、特に小規模な企業にとっては大きな障壁となることがあります。

4:文化的・組織的な課題
・組織文化の変化: CRMシステムの導入は、企業の組織文化や業務プロセスに大きな変化をもたらすことがあります。この変化に対応するのは容易ではありません。

5:データの質と整合性
データの整合性: 効果的なCRM運用には、正確で整合性のあるデータが必要です。データの品質が低いと、CRMシステムの効果は大幅に低下します。

これらの課題に直面している企業にとっては、より小規模でコスト効率の良いCRMソリューションや、クラウドベースのCRMサービスを検討することが有効です。また、CRMの全機能を導入するのではなく、必要な機能に絞って段階的に導入することも一つの方法です。

□ まとめ

いかがでしたでしょうか。

CRMは、顧客との関係を強化し、効率的にビジネスの成功につなげるための重要なツールです。

顧客のニーズが多様化し、コミュニケーションの在り方もたくさんの選択肢がある中、最適なアプローチを見い出すのはかんたんではありません。CRMを活用することで、顧客ロイヤルティの向上、営業活動の効率化、マーケティングの効果向上などの効果が期待できます。

マーケティングは「顧客を知ること」から始まります。
顧客のニーズや嗜好性の傾向を認識し、新たな課題の発見や次の戦略材料を見つけ出すこと。顧客のニーズを知ることと共に、自社の強み(商品の成分の良さや安全性、サポート、関わっているご担当者様の話等)をコミュニケーションの中に取り込んでいくことが大事です。継続することで企業への信頼感はもちろん、ブランドとしての価値が上がっていくことでしょう。

ぜひ、この記事を参考にCRMの導入を検討し、効果的な活用方法を見つけることができれば幸いです。

カテゴリー
月間アーカイブ
最新記事
CRMマーケティングの基本知識
 
ナラティブマーケティング活用について知る
 
ターゲットマーケティングを取り入れるメリットを解説
 
パーパス経営とは?注目される背景とそのメリット
 
消費者行動を知ることがマーケティング活動成功のカギ
 
最近の記事
eジッパー デジ特10
封筒・紙袋通販.com
委員会活動
社長ブログ
お役立ち資料無料ダウンロード
デジ特10
採用情報

ページトップへ