創業70年の歴史を誇るオリジナル封筒・紙袋の企画・製造・販売会社

SDGsー持続可能な開発目標とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月「国連持続可能な開発サミット」にて採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダに
記載されている2016年から2030年までの国際目標です。
貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを
目指し、「世界を変えるための17の目標」が掲げられ、
「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」」ことを誓っています。
福岡製袋工業株式会社は、持続的な社会の実現に取り組みます。

わたしたちの取り組み

わたしたちは世界のSDGs(持続可能な開発目標)実現に貢献し、
社会課題の解決に取り組むことで、より一層環境に配慮したDM製作をしたいと考えています。

産学連携

立命館大学との産学連携を始動。

立命館大学との共同研究で「個々の顧客に最適なアプローチを実現する
AI搭載DM送付システムの構築」に挑戦しています。

この活動を通して、わたしたちできるSDGs に取り組んでまいります。

役立つDM製作で産業廃棄物の削減へ取り組む

DMに使う紙やフィルムなどの環境負荷を減らすには、封筒・紙袋の製作時に出た用紙の切れ端は新たな資源を消費せず循環させるため、古紙リサイクルを行っています。

役立つDMを企画し、ムダな捨てられるDMゴミは削減され、持続可能な消費と生産、付加価値向上を達成します。

産学連携によるデジタル技術の活用

役立つDM製作には、ターゲットを明確に絞った効率的かつピンポイントのDMマーケティングを展開することが必要です。そのための情報分析・解析するニーズが高まっています。

立命館大学との産学連携によって効率的な資源利用と環境に配慮した優しい技術革新の基盤をつくり、経済成長が環境を悪化させることなく産業を持続可能なものにしていきます。

価値づくりによる働きがい・働き方改革の強化

デジタル技術を最大限に活用し、一人ひとりの生産性を上げることで、短い時間での仕事の成果を出し、「働きやすい」環境を整えることができると考えています。

価値づくりによる希少性の高い封筒・紙袋製作の実施において、働きがいの充実と事業成長に向けた経営戦略の強化を図ります。よって生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用の促進が可能となります。

配送時に出されるCO2の削減へ取り組む

地球温暖化が引き起こす気候変動は私達は排出するCO2が原因です。社内のスイッチにステッカーを張り、使わない機械の電源を落とし、こまめに電気を消してムダな電気を使わないこと。

DM配送でもトラックの排気ガスや排出するCO2による環境負荷は、役立つDMを企画することで、配送回数を減らす、また配送の共同化などの効率化により、5年以内にはこのCO2削減に取り組みができるように推進してまいります。

社員座談会
封筒・紙袋通販.com
委員会活動
社長ブログ
お役立ち資料のダウンロード

ページトップへ