「自社のブランディングをしたいけど、

方法が思いつかない」

…そんなあなたに朗報です

ーダーメイドの紙袋を使ったことがありますか?

「販売促進をしたいけど、どんな工夫をすればいいか分からない」
「自社のブランディングをしたいけど、方法がみつからない」
そういった悩みをもつ経営者の方におすすめの方法があります。

それはオーダーメイドの紙袋を使うという方法です。

「紙袋にオーダーメイド?」と思われるかもしれませんが、実オーダーメイドの紙袋は多く使われているのです。

オリジナルの紙袋をうまく使えば、販促効果を得ることも可能です。

とはいえ、オーダーメイドの紙袋は、普通の紙袋といったい何が違うのでしょうか。
オーダーメイドをするメリットをご紹介します。

ーダーメイド紙袋を使うことで期待できる効果は主に2つあります

わざわざオーダーメイド製の紙袋を使うことにどんなメリットがあるのでしょうか。
実は、市販の紙袋では得られない大きな効果を得ることができます。

まず、オーダーメイドの紙袋では、サイズや色、紙質まで自分で決められ、イメージ通りのデザインを実現できます。
また、ロゴマークや文字も自由に描くことができます。

  • ブランディング効果がある

ビジネスにおいて「イメージ」はかなり重要ですよね。
イメージは来客数に大きく影響します。

オーダーメイドの紙袋を用いることで、会社のブランディングに役立ちます。
ブランディングとはブランド化のことで、ブランドとは「その会社だけが持つ、他社とは違う特徴やイメージ」のことです。

最近では企業のブランドを構成する要素は変化してきています。
かつては視覚的な部分だけでしたが、最近では「ブランドの香り」や「ブランドのイメージソング」、「手触り」も企業のブランディングに大きく関与するようになりました。

このような背景から、人がつい触りたくなる素材である紙は、企業イメージの向上を図る上で、重要なものになるでしょう。

さらに、ユニークなデザインや色を用いて目立たせることができますし、そのまま相手に強い印象を与えることで、「このデザインと色、形はあの会社の紙袋だな」と記憶してもらえれば、企業のブランディングに成功しています。

このように、オーダーメイド紙袋にはブランディング効果があります。
競合との差別化を紙袋で図るのもいいかもしれませんね!

  • 販売を促進する効果がある

小規模の会社やお店だと、宣伝に力をいれなけばなりませんよね。
しかし、宣伝がうまくいかないとイメージダウンにつながる恐れがあります。
イメージダウンを避けて上手に宣伝したときに大活躍するのがオリジナルの紙袋です。

紙袋をオーダーメイドにすることで、お店や会社の与えたいイメージをお客様に与えられます。
センスが良く、持っているだけで気分が高まる紙袋を作れば、お客様に好印象を与えられるでしょう。

おしゃれにデザインされた誰かにみせたくなるような紙袋は、お客さまだけでなくさまざまな方の目に映り込んできます。
また、店名のフォントや店のロゴがおしゃれにデザインされた紙袋だと、お客さまは持ち歩く抵抗を感じず、そのお客さまが移動するだけで多大な宣伝効果が見込めるでしょう。

また、紙は誰もが慣れ親しんだ素材のひとつです。
小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代の方に楽しんでいただけるペーパークラフトは、instagramやfacebook、twitterといったSNSでシェアを拡散するコミュニケーションツールにもなります。
そうすることで、お客さまとの接点が増やせてプロモーションにつながるかもしれません。

「高級感のある素材を使い、特別な文字を大きく入れたい」
「特殊な加工を施し、重い物でも持ちやすくしたい」
これらの施策はオーダーメイドだからこそ可能です。

このように、オーダーメイドの紙袋は、販売促進の効果を最大化します。

集客につなげられる素晴らしい

紙袋を一緒に作りましょう!

arrow
オーダーメイド紙袋はこちら