さまざまな販促活動を行っているのに

売上・利益アップにつながらない

だとしたら・・・

そのコピーライティング間違っているかも

ランディング活動、イレクトメール送付をしたり、さまざまな販促活動を行っているのに、なかなか売上・利益アップにつながっていない・・・とお悩みではありませんか!?

だとしたら・・・
お使いのキャッチコピーが間違っているかもしれません。

コピーライティングは物を売る文章
キャッチコピーが魅力的でなければ商品・サービスは売れない

お客様がキャッチコピーを目にして続きを読むのか、捨てるのかを決めるのにかかる時間はたった3秒だと言われています。

情報過多の昨今、お客様は毎日あふれかえる情報を処理することに慣れており、3秒見て、何が書いてあるのかわからないものには興味を示しません。

だからコピーライティングにはお客様を一瞬で惹きつける売れる文章・魅力的に見せる文章が必要なんです。
反応率がなかなか上がらないのであれば、1度キャッチコピーを見直してみましょう。

ピーライティングは2つある

✅イメージ広告用
イメージ広告用は、企業や商品・サービスのイメージアップを図ったり、認知向上、そして何よりブランディング用のコピーライティング。

✅セールスレター用
セールスレター用はダイレクトメールなどで商品・サービスの販売、集客、申し込み、問い合わせを1件でも多く反応をもらうための売るコピーライティング。

れるコピーライティングには何が必要?

1ターゲット設定
商品・サービスを購入してくださるのはお客様=ターゲットです。
まずは「誰に・・・」向けてのメッセージなのかを明確に設定する必要があります。

マーケティング用語では「ペルソナ」と言いますが、このペルソナ設定のコツは、まずは既存の顧客をよく知ること

ダーゲットは大まかなユーザー像に対しペルソナは、ライフスタイルや趣味、どんなSNSやデバイスを使用しているのかなど、しっかりと頭でイメージできるまで、とにかく細かく設定することが大切です。

2ペルソナの悩みと欲求を分析
次は設定したペルソナから、どんな悩みを抱え、どんな欲求を持っているのかを心理分析を行います。

今はさまざまな方法で顧客分析も可能ですし、顧客へのアンケートを行ってもよいと思いますが、まずは常に顧客と触れ合っている自社の営業マンにヒアリングを行ってみましょう。

客観的な目線からの有益な情報が得られるはずです。

3企業や商品・サービスのコンセプトを明文化

最後に設定したターゲット=お客様に「何を・・・」を知ってほしいのか・・・買って欲しいのか・・・ということを生み出す。

大切なポイントは企業コンセプト、会社の成り立ちや歴史、ビジョン、強みや特徴、行動指針など経営者やはたらく社員の想いから社風=文化をまずは発掘すること。

その全てを明文化し、その自社の強み・個性を商品・サービスにも反映させて落とし込み、それをキャッチコピーにすることで他とは違うオリジナルの言葉が生まれ、競合との差別化を図ることができます。

これはどちらのコピーライティングにも必要なこと。

ピーライティングは文章センスだけじゃない?

実はコピーライティングには上のようなターゲット設定やコンセプトの明文化の他に、マーケティング・行動(社会)心理・行動経済学などの基本的な知識と法則を知る必要があります。

それにはやはり多くの経験と専門的な知識、ノウハウが必要。
しかし・・・

そんな全てを学ぶ時間はない!!

経営者の皆様はそもそも、こういったマーケティングの前に片付けるべき仕事が山のようにあり、専門的な知識を学ぶには時間がかかりすぎる。

とはいえ、専門のスタッフをおくのは難しい・・・
社内のリソース不足に問題を抱えていらっしゃる企業も多いかと思います。

当社の販促ツール「コピーライティング」では、創業70年、培ってきた豊富な経験と確かな知識でユニークな切り口を見つけ出し、強さ=魅力を明文化、それを強い言葉=魅力的な言葉へと変えるお手伝いを致します。

言葉に共感した時、人は絶対に動きます

れるコピーライティング

人を動かす方法はこちらにあります

arrow
当社の製品案内はこちら